会議室の選び方

大人数での会議やセミナーなど、自社の会議室では収まりきらない人数で何かを行う場合や、地域を限定して行うセミナーなどの利用に便利なのが「貸し会議室」です。

ただ、一口に貸し会議室と言っても様々な会議室の形態(レイアウト)があります。今回は、この会議室のレイアウトの目的に合わせた選び方を紹介していきたいと思います。

 

 

会議室のレイアウトConference room layout

レイアウトは目的や参加人数、会議室の大きさによって決めるのがベストです。まずは順番に会議室のレイアウトについて紹介していきましょう。


スクール形式

スクール形式は、その名の通り学校の机の置き方をイメージしたレイアウトです。

講師となる方を一番前に置き、対面になる形で授業を受ける方(生徒)のデスクとイスを順番に並べていく形を取ります。

このレイアウトがよく使われるのが「セミナー」「研修会」で、必要事項のメモや筆記する物が有る場合に使われます。中には記者会見をこのレイアウトで行う場合も有ります。


シアター形式

シアター形式は、映画館をイメージしたレイアウトとなっています。

コチラもスクール形式と同じで、講師になる方が一番前になり、受ける側が対面に順番に座る形を取ります。ただ、スクール形式と違うのは講師席以外はデスクを用いずイスのみを並べます。

このレイアウトは「講演会」「説明会」など、識者のお話を聞く場で良く使われるレイアウトとなっています。


ロの字形式

ロの字スタイルは、デスク・イス共に内側に向けてロの字になるように並べ、参加者の顔が見られるようになっているレイアウトを指します。

「会議」で用いる場合、ほとんどがこのレイアウトとなります。


会議室の利用時間内で有れば自分達でレイアウトを変えてしまうことも出来ます。ただし最後は元の形に戻しておく必要があります。(貸し会議室のレンタル先に確認をとっておくと良いでしょう)

この他にも、貸し会議室を選ぶ際に注意しておきたいのが以下の点です。

  • 貸し会議室までの移動手段(バス・電車・駐車場の有無)
  • 会議室の収容人数
  • 休憩室や飲食スペースやトイレの有無
  • 冷暖房設備の有無
  • 会議室周辺の騒音の有無
  • 電源利用、映像関連設備の利用(プロジェクターやホワイトボード等)

コレだけの確認をして置く事が必要だと思われます。

上記を参考に会議やセミナーを行う地域を決め、人数や使いたい設備、リースの料金に合致する貸し会議室を選んでみてください。

最新記事