第八回ビジネスで役立つ言葉づかい「社交辞令」

社交辞令第八回目となるビジネスで役立つ言葉づかいでは「社交辞令」についてご紹介したいと思います。

社交辞令は会話を円滑に進めるため、会話の中に織り交ぜて「褒める意味合い」で使われる言葉です。

使われる範囲もビジネスのみに限らず、日常的な会話の中からイベントの中でなど場所を問わずに使われます。

ただし、社交辞令は言うほうも言われるほうも見極めが必要な言葉なので、使う場合には注意が必要です。

では社交辞令について少し詳しく見ていきましょう。


社交辞令とは

社交辞令は前述したとおり、ビジネスの場に限らず日常やイベントとといった物事を円滑に進めるための挨拶や相手を褒める言葉のことを指します。

社交辞令は「本心から言うこと」「相手との関係を円滑にする、利益を得るための偽り、やむ終えずにつかうこと」の大きく2つに分けられます。

人との付き合いを上手く進めるために使う手段で常的に使われ相手を褒める事で物事を円滑に回すことができますが、使い方が大変難しく、思わぬトラブルが起きてしまったり、使われたほうにはストレスを与えてしまったりする場合もあります。

以下はその一例。

 

判断に困る社交辞令の例

よく問題になるフレーズとして一例を挙げてみます。

「今度、飲みに行きましょう。」

「今度、食事に行きましょう。」

親交を深めたい意味合いでの「お誘い文句」。

ビジネスはもちろん日常の中でも使われる社交辞令のフレーズです。

実行されれば社交辞令にはなりませんが、実行されなければ社交辞令。実行することは強制ではないので言った本人の旨次第になります。

言われた側も言葉自体を社交辞令と気にしなければ問題ありませんが、「飲み」「食事」といった具体性が加わるとウソかホントかの判断は難しくなります。

この様な社交辞令を言ってはいけないというルールはありませんが、実行することが無理な場合や、行く気がない場合は「誘う」に関連した社交辞令は言わないほうが懸命でしょう。

ただ、すべての社交辞令がダメと言うわけではありません。

仕事上どうしても言う・褒める必要がある、人間関係を円滑に保つため負担をかけない社交辞令ならどんどん覚えて使うべきです。


きいろわビズ」では、会話の合間を持たせるための季節の話題や社交辞令のフレーズを紹介しています。

晴れた日に「良いお天気ですね」や、暑い日には「ひと雨欲しいですね」といった、会話の間をつなぐためのフレーズなら誰にも負担はかけません。

積極的に使える社交辞令は率先して覚え、ビジネス、日常の会話にどんどん活用していきましょう。

最新記事