スケジュールを作るのに便利なサービス「ちょー助」

スケジュールを作るスケジュールを作る際によく使われる「Exel」や「OpenOfficeのCale」などソフトウェア。セルに枠線やテキストを入力したり、関数を使って時間計算をしたり、便利な面は多数あるものの、ある程度の知識がなければ使えない面もあります。

また、スケジュール表を作成したとしても、表を送って、送り返して、と手間が掛かりすぎることもあり効率的とはいえません。特に出欠管理は電話で参加者に聞いて回るのも大変。

そこでスケジュール管理をする人にご紹介したいのが、予定をあわせることに特化したスケジュールサービス「ちょー助」です。

「ちょー助」は、参加者の予定をあわせて日程を調整するスケジュール調整サービスで、例えば会議をする日程と参加候補を入力、更に調整したい期間、候補日、開始時間などを入力してウェブ上に調整表を作成します。

作成した表はURLとして表示される共有できるので、調整表アドレスを会議に参加する方々にメールで送り、各個人に参加するか否かを「○」「×」で、必要があればテキストも入力可能と、参加者予定者の時間に自分が合わせアポイントをとる必要もなく、たいへん楽に出欠管理とスケジュール作成ができるサービスとなっています。

サービスを利用する際、メールアドレスや名前(ニックネーム可)など個人情報を入れる必要もないので、気軽に使って欲しいサービスです。


「ちょー助」の利用方法

ちょー助01

 

スケジュール調整システム「ちょー助」にアクセスし、「新規○×表作成」をクリックします。

 

ちょー助02

 

ページが変わったら「基本情報」>「期間と時間帯の入力」>「候補日の設定」>「その他」>「パスワード設定」の順番で調整表を作成していきましょう。

 

ちょー助03

 

全ての入力情報が出揃ったら「PCから」「ケータイから」2種類のURLが表示されます。

ビジネスに関してはガラケーを利用している方も多いので、URLが両方用意されているのは便利。メールテンプレートもあるので、コピペして参加者にメール送信すればOKです。

後は、各参加者が入力してくれるのを待つだけ。

 

ちょー助04

 

上図はパソコン版の調整表。ニックネーム部分に名前を入力し、○×で予定を入力、細く情報やコメントがある場合は入力し、「この内容で登録」をクリックします。

確認が取れない参加者はメールの見落としの可能性もあるので確認の電話を入れ、全ての参加者の出欠確認が取れたら正式な予定を作り参加者に通知しましょう。

参加者が増えれば増えるほど大変になる出欠確認とスケジュール作成。本サービスを使って楽できる部分は楽をし、余裕を持ってスケジュール作成と準備をしてみてはいかがでしょうか。ぜひ参考にしてみてください。

最新記事