実際に使えるスピーチの構成

スピーチの構成会議やミーティング、その他色々な場所で数分程度のスピーチを行うことがあると思います。

しかし、実際にスピーチの原稿を作るとき、どんな文章構成で作ればよいのか悩みどころでしょう。

そんなショートスピーチの原稿に悩む方に、実用的なスピーチの作り方をご紹介いたします。

 

 

 


スピーチの構成「三段構成」

スピーチの構成には人によって構成が違うため幾つもありますが、大まかに2つの構成で作成するのがよいでしょう。

まず一つは「三段構成」と呼ばれるスピーチの基本構成です。別名「序・本・結」ともいいます。(日本語会話

1~3分程度のショートスピーチに適した基本構成となり「自分の経験」「意見の表明」などを「考え⇒事実⇒考え」の三段構成で考えて作ります。

三段構成を分解すると、

1. 「考え」⇒テーマについて意見や答えを簡潔に述べる

2. 「事実(体験・経験)」⇒1. での根拠・具体例・理由を述べる

3. 「考え」⇒1. で述べた事をさらに詳しくまとめて述べる

のようになります。

1.~3.を個別に分解して原稿を考えていきますが、必ず三段で構成した文章のつながりと、全体のまとまり、始まりから終わりに向けた流れを意識しながら構成していきます。

また、3つに構成をわけることで、1つのパートに割り振れる時間も多く取れるのが特徴です。

 

スピーチの構成「起承転結」

スピーチや話を作るときに良く使われるフレームワークが「起承転結」です。

起承転結とは、

「起」⇒導入

「承」⇒起から転へ向けての接続

「転」⇒スピーチや内容の核になる部分。核心点。

「結」⇒スピーチの結論となる部分。オチ。

4段構成で文章を組み立てていく、スピーチ以外に物語を作ったりするときに使われる構成となります。

一番使われる文章構成ではありますが、ショートスピーチなどには向かず、どちらかといえば長めのスピーチに使うのがオススメです。


どんな内容の原稿を考えるにしても、オチと全体のまとまりを考えて作るようにし、慣れるまではスピーチをする時間に合わせ、上記2つの文章構成に当てはめて原稿をつくってみてください。

最新記事