会議の目的に合わせたテーブルセッティング

会議室テーブル

人数の都合で自社で会議場所が確保できなかったり、他社の人間と大規模な会議を行う場合は、会議室・テーブル・イスなどをレンタルするのが一般的です。

会議関連の物品をレンタルする会社は、あくまで物を貸し出してくれるだけで会場設営は別料金というところがほとんどなので、経費削減をするなら主催側が会場の設営を行わなければなりません。

でも、乱雑に、思いつきで決めたりしてはいけません。テーブルセッティングは非常に重要なのです。

今回は「会議の目的に合わせたテーブルセッティング」についてご紹介いたします。


スクール形式

スクール形式は、小・中・高・大学の教室の並びを想像してもらえれば、すぐイメージが湧くと思います。

主催・司会進行役、プロジェクターやホワイトボードなどを正面に捉え、参加者が全員正面を向くようにテーブルとイスを並べていく形式です。

参加者一人ひとりにイスとテーブルが割り当てられるため、メモや資料に書き込みをするのに適している反面、会場の大きさやテーブル・イスの数を用意しなければいけないのが難点です。

スクール形式のテーブルセッティングは、講演や発表会などに主に使われ、一人が多人数に対して情報を伝える場合に用いられます。

 

ロの字or コの字形式

長いテーブルを上から見て「ロの字」または「コの字」にセッティングし、1テーブルに2~3人が座る形式のテーブルセッティング方法です。

主催者や参加者に関係なく、議題に対して参加者の議論や発案が必要な場合によく使われ、参加者の目線が中央に集まるので、議論がしやすくなります。

また、参加者同士がコミュニケーションが取りやすい形式としても知られ、パーティ会場でも使われています。

 

シアター形式

シアター形式は、クラシックコンサートや舞台の座席に見立てられたテーブルセッティングで、テーブルを一切省いてしまいイスだけを会場に設営します。 大人数を収容する場合に使われる設営方法で、参加者の視線を主催または講演者に惹きつけるメリットがある反面、テーブルがない為メモを取るのが難しいというデメリットもあります。

 

アイランド形式

こちらは以前にも紹介した事のあるテーブルセッティングの形式で、テーブルを島に見立てて並べていきます。

話し合う内容や立場の違いによって、テーブルごとに参加者を別け、議論させることに適しています。


会議の目的にあわせて上記の様にテーブルを設営することで、参加者が議論しやすい、アイデアが出しやすい環境を作ることが大切です。

最新記事