iPhoneで使える会議・ミーティング用タイマー「柔軟なミーティングタイマー」

時計企業同士・取引先・上役などが参加する厳格な会議もあれば、同じ社員や簡単な打ち合わせなど軽めの会議やミーティングもあります。

どちらの会議においても重要になってくるのは「時間」。効率的に会議を進めるためには、参加者が残り時間を意識し共有する事が必要不可欠です。

会議室に時計を置いておく事で時間の共有は可能ですが、できれば時間のみが表示され、視覚的に理解しやすい方が良いでしょう。

また、会議の進行状況においては議題により、時間を若干延ばさなければいけないケースもあるかもしれません。その場合、すぐに会議の終了時間を変更できれば便利、更に操作もシンプルなら尚良いでしょう。

その条件を全て満たしているのが、今回ご紹介する「柔軟なミーティングタイマー(柔軟な会議用)」と言うiPhone用のアプリケーションです。


柔軟なミーティングタイマー(柔軟な会議用)【インストールはコチラ

タイマー001

柔軟なミーティングタイマーは、会議の残り時間を視覚的に理解できるように「サークルで表示する」「会議の時間を簡単に延長対応する事が可能」という2つの大きな特徴を持っています。

タイマー002

アプリ起動時には、最初に「行う会議名」「会議についての備考」の入力、そして予定する終了時間をピッカーで入力します。

指定できる時間は1分~999分まで。短時間の会議から、16時間以上にも及ぶ会議にまで活用する事ができます。

タイマー003

項目を全て入力したら「会議へ」を選択します。

タイマー005

タイマーを起動させると、上図の様にサークルで会議の経過時間と残り時間を見やすく表示してくれます。

また、画面左右下段に「+」「-」ボタンがありますが、1分単位で会議の時間を延ばしたり減らしたりする事が可能となっています。

タイマー006

時間が予定時刻に達すると、今度は超過時間として記録されていきます。

議題の決まり具合によって、時間の増減を柔軟に変更できるのはとても便利です。また、普通のアナログ時計やデジタル時計をタイマーに利用するよりも、会議やミーティングの参加者が、残りの時間を視覚的に把握する事も可能です。

ちなみにiPadでもアプリのインストールができ、アプリ画面を2倍に設定すればiPadの大画面でタイマーを利用する事ができます。


iPhone/iPadをお持ちの方は、効率的な会議を行うために是非同アプリを試してみてはいかがでしょうか。

最新記事