プロジェクトの組み立てやスケジュール管理に役立つウェブサービス「みんなでガント」

ガント会議の中でプロジェクトやスケジュール、作業進捗の作成・管理を帯状のグラフで表すガントチャートというものがあります。

ガントチャートは、1903年にアメリカのエンジニアでもある「ヘンリー・ガント」によって考えられた工程管理を効率よく行う為の表で、

縦軸…メンバーや開始・終了日・行う工程名

横軸…日付・時間などの時間軸

を記載、行う工程や日程などを帯グラフに表示して紙に印刷し、プロジェクトの進み具合などの情報を目視で解りやすく、プロジェクトメンバー全員が確認できるように作られています。


ガントチャート001

上図の様な表をガントチャートと言います。

ガントチャートは、大掛かりなプロジェクトの管理以外にも様々な場所で利用され、飲食店などのシフト管理にも見られるほど浸透しており、大企業・中小・個人に関わらずニーズが高いと言えます。

今回はこのガントチャートを『ウェブ上』で、しかも『無料』で使えると言う便利なサービスを紹介します。


みんなでガント.com

みんなでガント.com」は、ガントチャートをウェブ上で無料作成&共有できるサービスです。

 

■無料版で出来ること

・みんなでガント.comの基本機能が無料で使える

・メールアドレスの登録や会員登録不要

・ユーザー数制限無し

・発行されるURLとPASSを相手に伝えるだけで簡単共有

・ウェブサービスなので外出時にも確認可能

・直感的な操作方法

・ガントチャートは印刷も可能

これ以外にも様々な機能が無料で使えます。

更に、有料ライセンスを購入すれば、表のインポートやエクスポート、SSL暗号化通信やIP制限による使用場所の限定が利用可能になり、情報を安全に取り扱うことが出来ます。

 

使い方

ガントチャート003

「みんなでガント.com」にアクセスし「+ガントチャートを作成」をクリック、パスワードと初期年月を入力し「表を作成」を押します。

 ガントチャート004

表の作成が終わるとURLが表示されるので、メモ帳などに控えておきましょう。

ガントチャート005

先ほどのURLと表の作成時に決めたパスワードを入力すれば、ガントチャートにアクセスすることが出来ます。

チャートが表示された後は、縦軸に「名称」「開始日」「終了日」を入力するだけで、自動的に帯グラフが反映されます。

会員登録の面倒臭さが無い上、ウェブ上でガントチャートの作成・編集・管理が行えるのが便利。


離れた地域に住んでいる人とプロジェクトを行う場合や、iOS/Android端末でも専用アプリが出ているので出先に居ることが多い方にもオススメです。

印刷する事も可能なので、会議の際に出す資料としても使えるでしょう。

是非試してみてください!

最新記事