会議に役立つ便利なヤツ「ショットノート」

ショットノート

ポメラなどの商品を販売する株式会社キングジムが、スマートフォンを利用し「手書き」と「デジタル」を使った「ショットノート」と言う商品を販売しています。

「ショットノート」の使い方は、ショットノート専用のノートに会議の内容などのメモを手書きで書き、専用アプリで撮影するとノート画面全てをデジタルで取り込むことが出来ます。

ショットノートには、ノートの四隅に四角いマーカーが付いており、アプリがそのマーカーを読み込むことで自動的にサイズや色の補正を行ってくれます。

また、OCR機能(光学文字認識)が付いており、ノートに書かれた日付や番号を使って検索も可能。

 

ショットノート02

 

取り込んだ画像はEvernoteやDropBoxなどのクラウドへ共有、メールにも添付して会議参加者に送ることが出来ます。

内容を簡単に共有する事ができるので、コピーの必要も無く、紙の節約にもなります。

ショットノートの種類は現在「ツインリングタイプ」「貼ってはがせるタイプ」「<透明表紙>ツインリングタイプ」「メモパッド」「ケース付きルーズリーフタイプ」「ホワイトボードタイプ」の6種類が用意されています。

 

ショットノート03

 

ショットノートのサイズによってお値段が変わり、普通のノートと比べて割高ですが、機能を考えると納得の価格です。

特にホワイトボードタイプ何度でも使えるので、会議で重宝しそうです。

蛍光灯の照り返しで文字が上手くカメラに写らない事も考慮され、ボード表面が特殊加工されています。

専用アプリはiOS/Android双方で用意されているので、スマートフォンをお持ちの方であれば、ショットノートのみ購入する事でメモをデジタル管理する事が可能になります。

会議中に手書きでメモを取っていた方などは最低315円から導入可能。この機会に是非利用して見てはいかがでしょうか?

参照元:株式会社キングジム SHOT NOTE

最新記事