アイデアを出す会議にぴったりのツール「ブレインライティング」

以前ブレインストーミング法という発想方法をご紹介しました。

ただ、ブレインストーミング法は、その方法がしっかりと頭に入っている人が仕切らなければなかなか上手く進みません。

「じゃあ、正しいブレインストーミング法を知っている人が居ないから、うちの会社ではその発想法は使えないのか。」

そんなことは有りません。「ブレインストーミング法」の良い所を活かした「ブレインライティング」と言う発想法があります。

「ブレインライティング」は、6人1チームで行う西ドイツで開発された集団アイデア発想方法で、最大の特徴は「強制的に全員がアイデアを3つ出す」「全員無言」と言うところです。(日本創造学会「発散技法」


【事前準備】

・6人が参加(4~8名でも可)

・机はアイランド型/円型どちらかを用意し、参加者が円を作る様に座ります

・紙に横4×縦6の表を作り、表上部にテーマを記入したものを6枚作ります

 

【ブレインライティングのやり方】

・一人一枚シートを配布し、5分間に3つテーマに沿ったアイデアを書きます

・アイデアを出したら隣の人に自分のシートを渡します

・他の人から回ってきたシートに、新たにアイデアを5分間に3つ加えます

・この作業を参加者が一周する分、6回繰り返します

・始終無言で行います

5分×6回=30分

18アイデア(1枚のシート)×6枚=108アイデア

たった30分前後で合計で108ものアイデアが出ることになります。

後は出揃ったアイデアから各自良いと思うアイデアを選別・シートをアイデア毎に切り離しを行い、
10個内のアイデアに落とし込んでいきます。

私語厳禁・強制的にアイデアを各人が出す、と言う特徴を持った発想方法です。


シートは自分で作ることも可能ですが「ブレイン・ライティング・シート」の名称でAmazonでも販売されています。

ブレインライティングに関する詳細な説明も付いている為、参考に一部購入し、後は自分で作成してみるのが良いと思います。

簡単にアイデア出しを行いたい、ブレインストーミング法をちゃんと知っている人が居ない場合など、是非活用してみてください。

最新記事