アイデアをザクザク出す会議方法「ブレインストーミング法」

ブレインストーミング法前回、アイデアを出す方法としてアイデア発想法をご紹介しました。

今回はもう一つのアイデア発想方法「ブレインストーミング法(BS法)」を紹介したいと思います。(出展:ブレインストーミング法-wikipedia)

「ブレインストーミング法(BS法)」は、アレックス・F・オズボーンによって作り出された会議方法で、参加人数10名ほどの少人数が集まり、お互いにアイデアを出し合う事で相互交錯・連鎖反応といった発想の誘発を期待する方法となっています。

しかし、ただアイデアを出し合う訳では無く、以下4つの原則を重視しします。


●原則1 判断や結論を出さない

各人自由な発想を妨げる判断や結論はしない。もちろんアイデアに対する批判もしてはいけません。

●原則2 アイデアの質よりも量を重視

洗練されたアイデアが出るのは大歓迎ですが、様々な角度から出てきたアイデアや考え方も歓迎しましょう。

●原則3 くだらない・奇抜なアイデアなど粗野な考えを歓迎する

誰でも思いつくアイデアよりも、新しく、奇抜で、ユニークで、斬新なアイデアを優先、重要視しましょう。

●原則4 連想と結合

原則1~3で出てきた様々なアイデアに対して、アイデアを連想・結合を意識し、更に昇華・発展させていきます。

他人の意見(アイデア)に便乗する(相手のアイデアに自分のアイデアを加える等)


この4原則を重視して会議を進めて行きます。

アイデアの全てを否定せず「肯定的」に受取り、進めていくことで個人では出てこないアイデアや考え方を生み出せる可能性があります。

「ブレインストーミング法」を会議で利用する場合は、上記4原則に加えて、会議時間の停滞を防ぐため「会議時間(時間を過ぎたら案が出ていなくても終わらせる)」「各人が出すアイデア数」を設定するようにしましょう。

現在この方法を取り入れ始めている企業も増えてきています。アイデアがなかなか出ないと嘆く経営者や上役の方は、ブレインストーミング法の導入を検討して見てはいかがでしょうか。

最新記事