既存のアイデアや商品に捻りを入れて変化させる!「オズボーンのチェックリスト法」

オズボーンのチェックリスト法アイデアを発案する方法として「ブレインストーミング法」などが有名ですが、この方法の作者アレックス・F・オズボーンはもう一つ発想法を考案しているのです。

それが今回紹介する「オズボーンのチェックリスト法」です。

「オズボーンのチェックリスト法」は、予め準備しておいた9つの「捻り」キーワードが記されたチェックリストを見ながら、既存の商品やアイデアにキーワードの捻りを加えて新しいものを生み出す事を目的としています。

実際に使われているチェックリストは以下です。

 


9つのチェックリスト

1.別用途の検討

新しい使い道や、別の分野への使えないかを考える。

2.応用

似た例からアイデアを借りる

3.変更

色や形や用途など、要素の変更

4.拡大

大きく、重く、強く、長く、多くしてみる

5.縮小

小さく、軽く、弱く、短く、少なくしてみる

6.代用

人、素材、材料、製法を別のもに置換えてみる

7.再配列

順番、配列、関係、要素を入れ替えてみる

8.逆転

順番、関係、上下左右、役割をひっくり返してみる

9.結合

複数の商品、アイデア、目的、効果、手段をくっつけてみる

「オズボーンのチェックリスト」を使う場合は、最初にアイデアや商品などテーマを決め、上記9つのチェックリストに対してそれぞれアイデアを出していきます。


全てのチェック項目を使ってアイデアを出しても良いですが、場合によってはチェック項目を絞り発想を膨らませる方法もあります。既存の商品やアイデアに対し、改善や応用や転用したい場合に使える発想方法ですね。

新しい発想を行うなら「ブレインストーミング法」を、既存の商品やアイデアに対し改善・応用・転用をしたいなら「オズボーンのチェックリスト法」と使い分けるのが良いでしょう。

後は通常の会議同様に「会議終了時間」と「目標アイデア数」を決めて、ダラけない会議作りをしていくことです。

最新記事