日常生活から使える!わかりやすい話し方のチェック項目

わかりやすい話し方のチェック項目

人前で発言をする際に気をつけなければいけないのが「話し方」です。話し方一つで、その人の印象を決めてしまう事もありますので、馬鹿にする事は出来ません。

特に会議の出席者や顧客に対し、「相手になかなか説明を理解してもらえない」と思っている方は、自分の話し方にも原因があるかもしれません。

一度自分の話し方を見直し、どの部分に原因があるのか確かめてみましょう。

以下は解りやすい話し方のチェックポイントを並べたものです。

 


声の強弱や癖に注意する

自分の地声が小さすぎる場合、相手が「聞く」事に集中してしまい、説明を聞いていない事があります。相手に声が聞こえる大きさを維持し、説明する必要があります。

また、自分でも気づかない癖にも注意が必要です。「あー」「えー」など、現場をリポートするアナウンサーの中にも使う人が居ますが、説明中に余計な情報は入れないようにしましょう。

自分の癖がわからない場合は、人に実際に聞いてもらう、又は自分の話を録音する、などの方法が有ります。意識する事で癖は減っていきます。

専門用語に注意する

話をする人たちの種類によりますが、専門用語の多用には気をつけたほうが良いでしょう。

特に一般の方や専門では無い方への説明をする場合は、相手に理解出来ない専門用語の使用は控え、なるべく解りやすい言葉を使い、説明します。

表情や態度など雰囲気作りに注意する

意外に見落としがちになりますが、無意識にやっている表情や態度が重要です。話を聞いている人は、何も発言者の言葉だけを聴いているわけではありません。

目で顔を、耳で声の抑揚を聞き取り、印象を感じ取っています。

おどおどしていたり、視線があちこちに泳いだり、威圧していたりしていては相手にも良い印象は与えられず、理解も信頼もしてもらえません。

話す際は適度に人の目や周りを見渡したり、威圧や萎縮する態度はとらず、どうどうとしているだけで、相手が受ける印象は変わってきます。話しをする、説明をする際は相手に気軽に質問などを受け付けられる程度の雰囲気作りを心がけましょう。


この3つのチェックポイントを日常生活から実践する事で、会議の時にもそのままの話し方で説明などを行う事が出来ます。決して無駄にはならないので、是非実践してみてください。

最新記事