会議で役に立つ!人に話す前の段取りの作り方

人に話す前の段取りの作り方

誰しも人前で自分の意見を言うのは精神的にも厳しいもの。中には人前で話すことに恐怖を感じてしまう人も居ると思います。

自分が話している内容が突然わからなくなってしまったり、言っている事が支離滅裂で伝えたい事が伝えられない、と言う経験をした人も居るでしょう。

ただ、人前で話し、アイデアを出す会議であれば「自分が考えている事」「思っている事」の要点を押さえ、伝える事が重要になります。話が上手く伝わらないのは、自分が苦しいだけでなく、聞いている人も苦しいのです。

そこで今回「人に正確に物事を伝える」ポイントを4つ紹介したいと思います。このポイントを踏まえ、人前で話す前の段取りを作ってみてください。


1.「何を行うのか」「何が最終目的なのか」伝える物事を具体的にする

「自分がわかっている事は他の人もわかっている」という考えを捨て、何をどの様にするか、話しを聞いた誰しもが理解出来る(専門用語を控えたり)、解りやすく具体的な言葉で伝えます。

ただし、専門家同士での話し合いなどの場合は、この限りではありません。

2.どうやって目的に至るのか行動を具体的にする

「目的」に至るまでの方法や、行動が決められている場合はその方法を具体的に示します。

3.期日の明確化

「この位までに~」など曖昧な表現を避け、正確な日時を使います。 時間の曖昧な表現は、人によって捉え方が違うため、場の混乱を招きます。

4.説明の順序の構成を行う

話の内容が途中でわからなくなる、支離滅裂な話の内容になる。これは「話す構成」が出来ていないのが原因です。 時系列順・結果→理由・目的→それに至るまでの行動など、他の人にわかりやすく、且つ自分にも解りやすく順番に構成を作ります。

事前に自分が伝えたい情報をまとめておくだけで、会議の際に精神的に違ってきます。上記ポイントを踏まえ、段取りの原稿を作ってしまいましょう。

人間は「話す内容が決まっている」「答えがわかっている」といった場合、不思議と自信が湧き上がって来るものです。 中には「作った原稿を見ながら言うのはダメ」と言う人も居ますが、時と場合ではないでしょうか?会議は如何に人に自分の考えを伝えるか、理解してもらうかが重要なので履き違えてはいけないと思います。

最新記事